妊娠線予防に効くマッサージの仕方

    妊娠線予防のマッサージ方法を試している方は、
    結構いるようです。

    妊娠線予防に、どうしてマッサージは効果があるのでしょう?
    どんなマッサージの仕方をすれば、妊娠線予防することが
    出来るのでしょうか?

    〇どうして効果があるの?

    妊娠線予防として、どうしてマッサージは効果があるのでしょう?

    妊娠線というものは、体重が増加したり、
    妊娠してお腹がだんだん大きくなる時に
    皮膚が急激に伸ばされてしまって出来やすいんです。

    皮膚が急激に伸ばされると、真皮や皮下組織という奥の部分は
    すぐに対応することが出来ないので、
    ちぎれてしまうので、妊娠線になってしまうのです。

    マッサージを行うことで、皮膚を柔らかくしておくならば
    妊娠線予防になっていくんです。

    マッサージをするだけで妊娠線予防になる、
    というわけではないんです。

    絶対に予防出来るという方法は、
    現在のところ判明はしていないのですが
    ちょっとでも予防するためにはマッサージが良いんです。

    妊娠線予防としてマッサージをしている妊婦さんは、
    効果を感じているとのことです。

    ・マッサージの仕方

    妊娠線予防として効果が期待出来るマッサージですが、
    マッサージの仕方はどんな方法が良いのでしょうか?

    【クリームやオイルを手で温める】

    妊娠線予防として、専用のクリームやオイルを使っている方が
    ほとんどかと思います。

    マッサージ方法として一番大事なことは、
    クリームでもオイルでも必ず手に取って、
    温めてから塗るということです。

    妊娠中の皮膚はとてもデリケートなので、
    滑りが良い状態で行わないと、傷になってしまったり、
    刺激が強すぎてしまうということがあるからです。

    それに、クリームやオイルを温めてから使うと
    肌によく浸透して、保湿力をアップすることが出来て、
    さらに効果を期待することが出来るからです。

    【おへそを中心に優しく行う】

    クリームやオイルを手で温めてから、
    おへそを中心にして円を描くようにくるくると
    様々な方向で馴染ませていきましょう。

    足の付け根部分にも優しく馴染ませるようにして
    お腹の下の方から脇腹の方向にくるくると
    ゆっくりと優しくマッサージします。

    最後は、大きく下から上にハートを描くように
    マッサージするようにします。

    このようなマッサージの仕方を行うと、
    保湿力をアップするだけではなくて、
    皮膚を柔らかくすることも出来るので、
    妊娠線予防として効果があります。

    ここで紹介したマッサージの仕方を参考にして
    毎日忘れないでケアをしていくと良いですよ。